健康であるために、「みぞおち」大注目

    「みぞおちを上げる」ことで身体の姿勢が良くなる

    背骨と胸骨で守られていない内臓。

    ともすれば、前屈みになりがち。さらに巻肩になり首が前に落ちると、

    背中が伸びすぎて緊張しそのままの体形で、首痛・肩こり・腰痛・膝痛が起こる。

    運動不足、偏った姿勢や運動で、または加齢とともに身体が固くなったり、大腰筋(体幹深部筋)が細くなり転びやすくなる。

    小児成長発育不全、若年者老年化、サルコぺニアフレイルが社会問題

    「みぞおちを上げる」だけでなく、同側動作で大腰筋と脳を鍛えることが出来る「ソーラーポールを使った運動(認知動作型QOMトレーニング)」は先端的です。

    みぞおち(ソーラープレキサス)を注目してポールの健康器具をソーラーポールと名付けています。

    自分だけでなく、他の皆さんにも教えられるインストラクターが求められています。

    1日で取得できるソーラーポール インストラクター講座(6月16

    日)に申込みしませんか?

    フォローしてください!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です